農都交流プログラムとは

我が国の農山村地域は、人口の減少と高齢化の進行、さらには農産物価格の低迷等による担い手の減少が続いており、 集落をはじめとする地域の活力が低下している状況にあります。このような中、農村地域では、消費者の「食の安全・安心」に対する期待に応えるため、新たな産業・技術を開発する取り組みを始めています。
一方、企業では、活力ある組織づくり、人材の育成、社員の心身の健康維持・増進、地域社会への貢献など、時代のニーズに応えるべきテーマにも直面しています。
農都交流プログラムは、都市側企業が農村をフィールドとして活用し、人材育成やチームビルディング(組織力強化)、CSR活動、福利厚生などの企業活動を実施することを契機とすることで、農村地域と都市側の企業双方が抱える様々な課題を解決する、都市と農村の交流・連携の新しいスタイルです。

企業と農村が出会い、交流を深め、共に取り組むことで
それぞれにとっての新しい力と未来が生まれてきます。

企業・組織

企業の課題

  • 活力ある組織づくり
  • コミュニケーション不足
  • 環境対策
  • 福利厚生のあり方の見直し
  • 社会貢献・CSR活動 
  • 心身の健康維持・増進
  • 視野の広い人材育成

農都交流プログラム

メリット・効果

  • 都会ではできない人材育成プログラムの実施
  • 活力ある組織作り
  • チームビルディング
  • コミュニケーション力向上
  • 社会貢献、CSR活動の活性化
  • 社員のレベルアップ「創造力」「発想の転換」「感謝の気持ち」
  • 福利厚生 元気・健康な社員や家庭づくり

農村

農村の課題

  • 少子高齢化
  • 産業空洞化
  • 過疎化
  • にぎわい喪失
  • 人口減少
  • 地域文化の衰退
  • 里山の荒廃
  • あきらめムード蔓延

農都交流プログラム

メリット・効果

  • その土地に生きる人たちの「誇り」
  • 新しい産業や雇用の創出
  • 地域のにぎわい再生
  • 地域資源の再評価と有効活用
  • 地域産品の開発&新しい販路づくり
  • 新たな経済効果
  • 世代間交流による地域活性化

ご提供できるプログラム

田植えや稲刈り。季節毎の野菜や果実の収穫体験。酒蔵見学や坐禅、
写経体験などバラエティ豊かなプログラムをご用意しています。

※下記掲載内容は過去事例です。
希望日、希望メニューを考慮の上、具体的な体験プログラムや参加費用を個別に提案させていただきます。

農都交流レポート&お知らせ

体験の際に
ご宿泊いただける施設

三春の里農業公園「田園生活館」は、都市と農村を結ぶ有機的な交流を促進し、生活づくりの視点から三春町の「まちづくり」を実践しています。地域においては、伝統的な農村生活の良さを見つめ直すために、また、田園生活へのあこがれを抱く人々に対しては、農芸・園芸資材、栽培技術等と農産物加工等の豊かな田園生活体験の場を提供する「田園生活支援施設」。
地元産の大豆などを使った豆腐や油揚げを製造し好評を得ており、レストランでは、町内産の米を始め多くの農産物を使い、お食事を提供しています。

三春の里 田園生活館 レストランも併設する「田園生活支援施設」。豊かな田園生活の体験の場を提供します。
温泉旅館 馬場の湯(若松屋旅館、三ツ屋旅館)・斉藤の湯(上の湯、下の湯)

農都交流プログラムに
参加するには

お気軽にお問い合わせください。

三春町役場 産業課 農林グループ

  • TEL.0247-62-2112
  • FAX.0247-62-3300

体験を希望される日の2ヶ月前までに

  1. ①希望日
  2. ②希望体験メニュー(体験事例以外にも季節別のプログラムをご用意しています。)
  3. ③体験予定人数
  4. ④連絡先(代表者)をお知らせください。